2006年9月25日 (月)

農業絶滅の現場より

昔ガキ大将の故郷は戸建て住宅の建設ラッシュです。

せっかく構造改善事業で大型の水田を整備したのに後継者がいません。

後継者のいない水田は次々に人手に渡り、水田のあとには次々と住宅が建てられています。

農業の寂しい現実、そのうち農家は絶滅するでしょう。

_224 _225

| | コメント (77) | トラックバック (18)

2006年9月24日 (日)

減反政策で農村は荒れ放題

故郷の稲作は実りの秋を迎えました。

でも・・・、稲作だけでなく、そらまめ畑、はと麦畑、荒地などが目立ちます。

昔ガキ大将の子ども時代こんな光景はありませんでした。

故郷の農村には後継者はほとんどいません。

農業の叔母がが言っていました。

もう体が動かなくなって、稲作を人に作ってもらっているが、1反年間1万5千円が収入だそうです。

これでは日本の農業はいずれつぶれます。

_221_1 _223_1 _227_2

| | コメント (91) | トラックバック (15)

2006年9月20日 (水)

秋だ、栗だ!

僕のマンションの下の栗の木です。

毎年ツヅラ生りに実をつけています。

今年も豊作みたいです。

うちのベランダにも植えようかな・・・

_263 _341

| | コメント (63) | トラックバック (0)

夏の花vs冬の花

なんだか不思議な光景です。

”ふゆしらず”と、名前は分かりませんが、ナス科(真夏の花)のブルーの花が競合して咲いています。

ふゆしらずは何時から夏の花になったのでしょうか?

勢力図は五分五分の状況です。_318

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月13日 (水)

老木

僕はあなたの前をどれほどの回数通り過ぎたのだろうか?

今日はふと雨が降りそうだと空を眺めてみた。

その先に大きな銀杏の実をつけた老木に気づいたのでした。

何百年あなたはこの地でこの世の移り変わりを見てきたのでしょうか。

誰にも気づかれず・・・。_019 _021

| | コメント (347) | トラックバック (33)

2006年9月10日 (日)

異様な光景・・・?

皆さん最初の2枚の写真と最後の写真と見比べて何か気づくことありませんか?

昔ガキ大将には最初の2枚の写真は異様な光景なのです。

最初の2枚の写真には藻らしきものが一切ありません。

本来自然の堀にはホテイアオイをはじめ豊富な藻が茂っています。

いったい何をしたかって、決まっているではありませんか、除草剤、除草剤、除草剤ですよ。

藻が茂れば、数年で底に潟が溜まり、埋まってしまいます。

それをやらないために強烈な除草剤を撒いているんですよ。

故郷の米が危うい。

悲しい光景です。

_027 _014_1 _067_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

植物の世界も秋到来

_001 オキザリスという名前の植物でしょうか?

夏の熱い間は枯れて影も形もなかったのですが、9月に入って3つ葉の新芽がにょきにょき出てきました。

福岡の単身赴任先で新芽が青々と出てくるのは、心が洗われる思いがします。

これからピンクの可愛い花が咲くんですよ。

| | コメント (58) | トラックバック (69)

2006年9月 3日 (日)

蘇れ母なる川「山の井川」・・・

_048 昔ガキ大将たちが育った母なる川「山の井川」です。

この川は、筑後川の支流で、有明海の干満の影響を受け、最大で1.5メートルの満ち干きをします。

写真からもお分かりでしょうが、単なるどぶ川にしか見えません。

昔ガキ大将の子どもの頃、この川はもっと表情が豊かな川でした。

_049

泥の土手があり、柳林があり、笹林があり、水はもっと澄んでいました。

今はまっすぐな流れに変えられ、無表情な川となっています。

この川には、豊富にうなぎが、手長えびが、シジミが、フナや鯉が棲んでいました。

林には小鳥が棲み、蛇も居ました。

土手にはさわがにがうようよ這っていました。

何も棲まない、可愛そうな川、「山の井川」。

何時か、あの豊かな川へ蘇って・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

農業の近代化は何をもたらすか?

_006 現代の水田はパイプの栓をひねる(開ける)だけで水が供給されます。

以前はクリークからポンプでくみ上げていました。

その以前は足踏み水車で水をくみ上げていました。

ずいぶん便利になりました。

その分、何かが失われたような気がしてなりません。

_014 _004

| | コメント (0) | トラックバック (4)

トノサマガエル発見できず・・・。

昔ガキ大将の故郷にはトノサマガエルを初め、豊富な種類のカエルが生息していました。

ところが、40年前の構造改善事業を境にまったく姿を見なくなりました。

数時間、トノサマガエルの姿を求め、故郷を歩き回って見ましたが・・・・。

ついにトノサマガエルはいませんでした。

残念!! 

収穫は子どもの頃「土ガエル」と呼んでいた、小型のカエルを発見、さわがにを1匹発見。

_036_1 _064_1 _055_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧