« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月28日 (月)

バカヤロー・・・!

今日は神を怨む記念日!

福岡の幼い3兄弟、あんなに可愛い3兄弟がなぜ、酔っ払い(悪魔)に殺されなければならないの?

我が家も同じ3兄弟、年の差も同じ。

バカヤロー!! 神なんて死んじまえ。

あんな可愛い天子を死なせる神なんていらないよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

地下水飲料禁止・・・。

昔ガキ大将は小学校の高学年ともなると、農家の働き頭になります。

当時の稲作は夏に頻繁に農薬の散布を行うのが普通でした。

昔ガキ大将たちの家でも、昔ガキ大将が散布機を背中に背負い稲作の田んぼに農薬を散布するのです。

農薬が背中にかかると一日中ひりひり痛みます。

タオルで鼻と口をふさいでいるのですが、気分が悪くなるのは当たり前のことです。

昔ガキ大将がもっと小さいときは「ホリドール」と呼ばれる農薬が散布されていました。

この農薬(液体)が散布されると、クリークに住むフナの死骸がそこらじゅうに浮きます。

昔ガキ大将の周辺のクリークはその死骸の腐った臭いで異様な臭さに包まれます。

もちろん、当時プールがなかった子どもたちの水遊び場、堀の泳ぎ場は1週間閉鎖されます。

現在、筑紫平野の井戸水は飲料禁止になっています。

当時の農薬散布が地下水に浸み込んだらしく、砒素の成分が基準値の数十倍だそうです。

でも、その強烈な農薬ですら殿様カエル、めだか、ドジョウなど絶滅することはありませんでした。

もっと怖いことが、静かに皆さんの身の回りに起こっているのかもしれません。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

晩夏の花たち

福岡市の晩夏に咲く花を撮影してきました。

福岡市中央区平尾の周辺には巨大なブーゲンビレアやサルスベリ、紫紺ノボタンなどが咲いています。

_137 _125 _114 だまだ熱い毎日ですが、花たちも一生懸命咲いています。_039 _096 _133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヘチマ」は食べられるのだ・・・

10年前、昔ガキ大将は鹿児島市に勤務していました。

そこで出会ったのは「ヘチマ」料理です。

当時行きつけの居酒屋で良く酒の肴に注文したものです。

大阪に転勤になり、ヘチマは美味しいんだと叫んでも誰も信じてくれません。

8月24日、鹿児島出張が入り、早速、居酒屋「ひろ」を訪ねました。

ちゃんとお店は健在でした。

「ヘチマ」料理も健在でした。嬉しかった~。

大阪の諸君!これが証拠だ・・・・

Cimg0046_1

| | コメント (87) | トラックバック (19)

2006年8月 5日 (土)

戦争は遠い昔話か・・・・

今は昔、昔ガキ大将の近所には、戦争を体験した大人たちが沢山住んでいました。

その中に、航空母艦「千歳」の甲板員だったおじさんがいて、よく戦争体験をはなしてくれました。

自分の右足をだして、ふくらはぎの傷を見せては、「まだここのところに鉄の破片がうまっているんだよ」と話をはじめてくれます。

そのおじさんは、農家の出身ですから、階級は下のほうです。

よく上官から殴られた話、毎朝甲板を走らされた話、当時自分が見た戦艦「武蔵」の話などをしてくれます。

おじさんの載った航空母艦「千歳」レイテ沖海戦に参戦しました。

おじさんたち下の階級には、船の出港時、どこにいくのか、どんな作戦なのか教えてくれません。

航空母艦「千歳」には航空母艦なのに1機の艦載機もいません。

それは皆不思議に思ったそうです。また、口には出しませんが、この戦争は負けると皆思っていたそうです。口に出したらとんでもない目にあわされます。

早朝、敵機来襲、戦闘準備の指令が飛び交います。

甲板から遠くの水平線を見ると空が真っ黒になっています。その黒いものは数百機のアメリカ軍機です。

僚艦戦艦「武蔵」からは主砲の一斉射撃が始まります。かなりの敵機が落ちたそうですが、ものすごい数の敵機です。

敵機の最初の標的は航空母艦です。おじさんの載った千歳に、アメリカの戦闘機が襲い掛かります。

おじさんの船は次々に直撃弾を受けていきます。おじさんは甲板にいたそうですが、爆弾の破片を足に受け負傷します。

その近所には誰の手足か分からない、引きちぎれた手足がころがっていたそうです。

怖くなったひとは、戦闘機の格納庫などに避難したそうですが、ここが、生死を分けたとおじさんは言っていました。

まもなく、船体が傾き、総員退避命令が出ましたが、あっという間に船が沈んだそうで、おじさんは沈む船の渦に巻き込まれ水中に引き込まれましたが、もがいている間に運よく浮上できたそうです。

おじさんは言っていました。あのとき格納庫に逃げた戦友は全員戦死したと。

おじさんは浮遊物にしがみついていましたが、数時間後に駆逐艦に助けられたそうです。

800人ほどの乗組員のうち半数が戦死したと史実に残っています。

今も80歳を超えご存命ですが、右足には今も鉄の破片が残ったままです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »